千葉県 原田歯科クリニック創業者の矯正治療体験サロン 原田歯科クリニック

HOME >歯並びの早期治療がなぜ必要か?

創業者の矯正治療体験

不正咬合、咬合異常の早期治療・歯並び育成の必要性と治療対象 一般歯科治療を行うすべての歯科医師もこのメッセージを読んでいただきたい。

臨床歯科医師は歯科治療全般を担っていますが、なぜか不正咬合に対する矯正治療を避けてきた傾向があります。 矯正治療は臨床医の治療範疇ではないと自ら妥協してきたのではないでしょうか。

臨床医であっても手がけられる不正咬合の治療はあるはずです。
口腔外科処置でも大学教育を終了して、乳歯の抜歯、普通抜歯、難抜歯、埋状智歯の抜歯と臨床医は実践を重ねてきています。 高次歯科医療として取り扱われてきたインプラント処置も、日本歯科医師会雑誌の 「インプラントの適応症、インプラントを臨床で生かすために」で紹介されているように、現在では患者主導かつ低侵襲性の治療とされ、口腔外科の専門医だけではなく一般の臨床医も施術可能で、特別な処置ではなくなってきています。 過去の基準点でしか現在を測れないなら、未来への進展は構築できないと考えます。

不正咬合、咬合異常は特殊な疾患ではなく日常に存在し、患者さんと臨床医の両サイドから治してほしい、治したいという要望があります。 しかし、患者さんサイドとしては、「矯正治療は何でもない歯を抜く」、「治療費が高い」、 「治療期間が長い」などといったプロパガンダから敬遠しているのも事実です。 矯正治療はこれらの問題を解決し、患者さんにとって身近な医療であるべきだと考えます。

また、不正咬合の治療も患者さんが望む治療結果と矯正学が求める理想的なそれとの間にギャップがあることを認識すべきです。 例えば、栄養学者求めている食事内容と私たちの日頃のそれとは異なるのと同様です。口腔外科分野では当然、臨床医が処置できない治療内容はありますが、それは病状を放置した結果ではなく、当初からの難症例です。 しかしながら、矯正治療における難症例の多くは当初からというのでは稀で、軽度の症状を放置した結果、難症例に移行したものです。

矯正治療こそ早期治療が大切です。不正咬合の発症のほとんどは軽度から始まるのですから、 高度の治療技術を必要としない軽度の不正咬合こそ臨床医が手がけるべきであり、臨床医の日常の治療範囲と考えます。

今すぐフリーダイヤルにお電話下さい。0120-877-911