ゴムメタル 矯正サロン 原田歯科クリニック

HOME > ポールスプリントとは?

ポールスプリントとは?

矯正を開始しても、うまく歯が動かなかったり、治療がスムーズに進まないことがあります。
大きな原因として、アゴのゆがみ が挙げられます。
当クリニックでは、まずポールスプリントを使用し、アゴのゆがみを改善してから矯正治療を開始しております。

矯正をする方以外でも 顎のずれ、体のゆがみ、全身の不定愁訴の改善などにポールスプリントが有効なことがあります。

※なお、ポールスプリントは原則 永久歯がそろっている方に適応です。

「ポールスプリントは、矯正開始の最初の2か月から6か月の間に入れます。 月に1回調整のために来院していただきます。 歯にかかる負担を減らす役割もあります。」

ポールスプリント

矯正治療にて術前の顎のずれを補正したり、睡眠時無呼吸の改善、酸素不足の解消による不定愁訴の軽減、歯ぎしり、噛みしめ、食いしばりによる歯へのよろしくない影響の防止などポールスプリントは色々な場面で使えます。

これは、どういうことかというと 顎を動かす筋肉があるのですが、本来その筋肉が落ち着くべき所が顎の落ち着くべき所、すなわち安定した顎の位置になるので、そこに顎が来るように道筋をつけて、顎の位置が安定したら、その位置で個々の歯を並べて行きましょうということです。
逆に言えば、いくら歯並びがキレイに見えても顎の位置がずれている所に並んでいる歯なら、咬みづらいし、舌の力などで歯が動いてしまうでしょうということです。

以下、あるサイトにこのポールスプリントについての質疑応答がありましたので、参考になさって下さい。

スプリント後の顎の位置の確保について

矯正治療の前処置としてスプリントで顎を正しい位置に誘導してから装置をつけるようなのですが、スプリントを外した後、顎が元の位置に戻ってしまうという事はないのでしょうか?

また、矯正することによってスプリントなどで調整した正しい顎の位置をきちんと確保しながら咬み合うようにできるものなのでしょうか?
その辺があいまいなような気がして心配です。

矯正器具をつけたままスプリントか何かを装着するのでしょうか?

現在正しくない位置で咬み合っているのですね。

私が実施しているのは、ポール各務先生が考案したポールスプリントです。

まず、片方(通常は下顎)にスプリントを入れ、もう一方の顎(まずは上顎)に装置を入れて矯正を始めます。
スプリントを入れているため、上下の顎は筋肉の一番楽な位置に誘導されるのですが、矯正装置の入っているほうの顎は歯が動いているため、今までの位置で咬めなくなり、そこでスプリントの入っているほうの顎にも矯正装置を入れて、新しい咬合を作っていきます。
咬合の変化してゆく過程では、咬めるところで咬んでもらっています。