千葉県 矯正歯科 原田歯科クリニックスタッフの研修サロン 原田歯科クリニック

HOME > 当医院歯科スタッフの研修

当クリニックが『日本の歯科100選』に掲載されました!


来院者様からよくいただく質問に、何歳から歯並び育成、咬み合わせ・咬合、歯列矯正治療を開始したほうがよいのですか?というものがあります。

答えはズバリ乳犬歯があるうちに!です。

乳犬歯が抜けるのは個人差はありますが、具体的には8歳までに開始すると後の治療が自然でキレイな仕上がりになりますし、とても美しい仕上がりになります。
永久歯の犬歯がはえてからですと、必要以上に治療時間がかかったり、器具や方法が複雑になったり、抜歯やストリッピング(歯を削ってサイズダウンすること)が必要になることがあります。

8歳というのは、これから体の成長のピークが始まる前の時期です。
体が大きくなると顎も一緒に成長するわけですが、その時に下顎が一緒に大きくなってしまうと、日本人に多い下顎前突が悪化することになります。
逆に言うとまだ顎の骨が柔軟性があるうちにきちんと適切な力をかけてあげると良い方向に持って行くことができます。

一部の歯科医師には、中学生になって永久歯がはえそろってから小臼歯を上下左右4本抜いてワイヤーを巻いて1年半か2年くらいで一気に治してしまいましょうと主張する者がいますが、いかがなものでしょうか?
確かに唇を閉じられないくらい上の前歯が出ている人は上の小臼歯を左右1本ずつ合計2本抜いてワイヤーを巻いて治すのはありだと思います。

ただそれも上だけの抜歯です。
下の奥歯を抜いて前歯を後ろに下げると舌も後退することになり、これは舌根沈下、つまり呼吸に障害が出る、つまり生きるということそのものに支障が出ることになりかねません。
従って、下の小臼歯の抜歯はなるべくやりません。

また、これは現実多く体験していることなのですが、小学生なら親の言うことをよく聞いても、中学生や高校生になるとなかなか聞いてくれないし、装置をつけてくれない、きちんと歯の手入れをしてくれない、など色々困ったことが起こり、治療がなかなか進まないことも多くあります。

以上のことからも8歳までに治療を開始することを強くお勧めします。